--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-23(Fri)

びっくりした!

映画DVDをレンタルに行きました~

半額半額

調子に乗ってたっぷりと借りてみました~

その中に「ハリーポッターと炎のゴブレット」もありました~

家に帰って本棚をちらっと見ると「ハリーポッターと炎のゴブレット2-DISC EDHTION」がありました~

買ってたのにまだ見てない~

たぶん・・・
スポンサーサイト
2007-02-22(Thu)

これはどこから!

タロンギで友達と遊んでました!

そこで偶然見つけたのがコレ↓

なぞの葉っぱ1

なぞの葉っぱ2


笹の葉にちょっと似てる!
周りを見渡してもこんな枝と葉っぱは無いぞ!

これはほっとくわけにはいかなーい!

教えて誰かヽ(´ー`)ノ
2007-02-17(Sat)

ドリームガールズ観てきました

つい最近になって観たくなってきたドリームガールズを観てきましたヽ(´ー`)ノ

【ネタバレです】

dreamgils


あらすじ(goo映画情報より)


1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラストリオは、歌で成功しようと毎夜オーディションなどに出場していた。そんな彼女たちを、カーティスという男が目を付けた。やがて、デトロイトで抜群の人気を誇るスター、ジミー・アーリーのバックコーラスを務めることに。そんな3人はカーティスをプロデューサーに、ドリームガールとしてデビューを飾る。次々にヒット曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たすが…。




ジェニファー・ハドソン演じるエフィーの歌唱力、声量はすごかった!
ビヨンセ演じるディーナも綺麗な声でなかなか素敵。

えーっと、あと二人は・・・だれ?(^_^;)
アニカ・ノニ・ローズ演じるローレルが初期のドリームガルズかな。
トニー賞を受賞してらっしゃるそうですが、ごめんなさい。知らないんです。

もう一人はエフィが抜けちゃった後に入ったあの人。
って公式サイトのキャストの所に名前が無いよ(゚Д゚)ガーン!

エディ・マーフィー演じるジミー。
こんなに歌えるのかとびっくりしたですよ。


最初のシーンでの初期ドリームガールズの歌。
すごく良かった!いきなり引き付けられました。なんと言ってもエフィの迫力。すごいね~。
でもその前に出てきた女性4人組も良かったと思うんだけど、そこだけしか出なかった残念。


最初のシーンは別として、なんの苦労も無くどんどんビックになっていくドリームガールズ。
あんまり順調に進んで行くので「あれ?どこでつまづくの??」と心配になりました

んで、もちろんトラブル発生。
わがままさんなエフィはとうとう追い出されちゃいます。
でもそのわがままの理由は誰にもその時に知られることなく、その後も少ししか描かれなかったけどこれは重要なのね。
もっとエフィの歌声聞きたかったんだけど残念でした
代わりに名前が分かんない人が入ってきましたごめんなさい


その前にお金儲けしか眼中にないようなカーティスにエフィは恋をして親密な仲になったけど、ここのカーティスの心境がよく分かりませんでした。
登場した時からお金と出世にしか興味がなさそうな感じだったのに本当にエフィを好きだったのか。利用するためにそう演じていたのか。。。
最後まで分かりませんでした。


この映画の原作はミュージカル。
ということで映画もミュージカル映画です。
予告を見てもそういう感じじゃなかったから見てから初めて分かりました
普通に会話をしているのに歌に入っていくというなんとも不自然な・・・。
耳元であんな声量で歌われたら耳がキーンとして痛いんじゃないだろかそんな疑問を何度も感じました。。。

最初から最後まで完全にミュージカルだとかコミカルだったりメルヘンなものはミュージカルでもいいかなーって思うけど、こういう映画がミュージカルなのはどうも納得いかないです。
自然と歌に入っていくシーンもあったけど、やっぱりどうなのかなぁ?と疑問が沸いてくる方が多い。
じゃあ見るなよ!と言われればそれまでなんですがヽ(;´Д`)ノ


会話な歌ではない歌がたくさんあるこのドリームガールズ。
最初のところはいいなーと思ったけど、ミュージカル部分はもちろんのこと、他の歌もだんだんと飽きてくる。
でも後半部分のディーナが一人で歌う部分。
あれはレコーディングスタジオだったのかな。そこのシーンは好きでした。
歌詞がすごく良くてディーナの感情を思いっきり表現していました。
それを聞くカーティスと離れてしまったエフィの映し方もすごく好きでした。
しかしここでも疑問が。
カーティスはこの歌詞を知っていたんだよね?
なのにこの歌を聴いて憤慨したような焦ってたような。。。
うむー疑問です
この非情で金のことしか考えてなさそうなカーティスと付き合ったディーナもどうかと思いますが。。。

それで一番好きだったのがやっぱり最後のシーン。
エフィが加わって歌ったのは良かった~。
でも衣装が微妙胸元が気になったです(笑)


あと気になったシーンが。
中盤だったかな。エフィの周りをくるくる回りながら撮影してる場面があるんだけど、その映像がブレてました。
ちょっと酔いそうになってきたです

それと映像部分で言えば初期組のドリームガールズが順調にいっているところの3人の立ち位置がすっごく気になった!
被ってたりしてるところが多くて舞台をまっすぐ見ればいいんだろうけど、カメラを通してみると変だな~と。。。


ってことで長々と書いたど、映画としてはどうなのかなぁ。
前評判のようにそんなに良かったのかな?とちょっと疑問な映画でした。
しかーし!これはまた観たい!歌ってる場面を家でゆっくりまた観たいです。

2007-02-12(Mon)

どろろ観てきました

公開少し前から気になってた「どろろ」観てきました~。

まず映画館に入ると小学生が結構いる。
これPG-12指定なのにな~とか思い、でも強制ではないけれど・・・。

【続き部分にネタバレあり】

どろろ


あらすじ(goo映画情報より)


戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ、呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖刀と同じ百鬼丸と名付けられた子どもは成長し、魔物を一匹倒すごとに体の部位が1つずつ戻る定めなのだと知る。魔物退治の旅に出た百鬼丸は野盗・どろろと出会う…。
百鬼丸もどろろも、戦の絶えない非情な世界で生き延びるためにやむを得ず仮の姿でいることを余儀なくされている。奪われた体の四十八ヶ所を取り戻すまで、あるいは本当の男に出会うまで本来の自分自身にはなれないのだ。




始まって少ししてから主人公の妻夫木聡演じる百鬼丸の幼少時代のシーンがありました。
ここで出てくる少年がすごく妻夫木に似てる!こんな子役よく見つけてきたなって感心しました('д')

この映画の原作は手塚治虫の漫画。
1967年から1968年にかけて週刊少年サンデーで連載するも一時中断、1969年に冒険王の連載で完結したそうです。

この映画のキーワードでもある奪われた体の四十八ヶ所を取り戻す旅。
この48箇所というのはどこだろう?
目や耳や手や足・・・・。
映画を観ると内臓を奪われてるってのも重要なところでした。
もし内臓を奪われてなかったら物語があそこで終わっちゃうのかも!
そんな意味ですw

しかしやはり気になる48箇所。映画を観てもよく分かりません(>_<)
原作を見ると分かるのかな?
全12巻の漫画が少し気になります

それと気になったこと。
時代設定が江戸時代とかそれくらいのようなのにゴムチューブとか
綺麗なガラス板が出てきたのに違和感がw
その辺りは面白さを出したのかな?

だんだんと話がそれてるなぁ。

映画の感想を簡単に。
上映時間138分のちょっと長めの映画だったから余計に思うのかも知れないけど、
そんなに長くしなくてもいいんじゃないかと思うシーンがいくつかあって間延びした感じになりました。
PG-12だから迫力ある多少過激なシーンもあるのかと思いきゃそう大したこともなく・・・。
でも他の人が書いてるレビューなんかを見てみるとグロテスクでもう見たくないとかも書いてあったのでどうなんだろう?
力を入れているシーンがあったかと思うとすごく手抜きなシーン。
監督が違うんじゃないのかという疑問すら沸いてくるほどでした
面白いとつまらないの両極端が混在してるような感想でした。

ストーリーとしては、百鬼丸が体の部位を取り戻していく中で知ってしまった残酷な事実を抱える苦悩。
そしてまたその他の登場人物に突きつけられる悲しみと葛藤の表現も良かったと思います。
もう少しそこに重点を置くともっと良い作品になったのかなぁとも思いますが。

個人的にはお勧めしてもいいんじゃないかなーと思うです。

それにしても瑛太飽きた
いろいろ出過ぎだよー。


【↓↓ネタバレあり↓↓】

続きを読む

2007-02-11(Sun)

サルベージ

フレさんに誘われてサルベージ入って来ました~。

サルベージではサポやアビ、魔法、ステータスなどなど制限されてて、
最初の状態は後衛はなーんにも出来ません(´Д`)

敵を倒すと制限を解除できるアイテムが出てきます。
それを使ってやっと何か出来るように。

そして進んでいくと、、、なんだったかトリガーで敵が出てくるところかな。

ゲコゲコゲコゲコ


カエルにされちゃいました(´Д⊂




・・・・・それだけ(´・ω・`)
2007-02-05(Mon)

DVDで映画いろいろ

いろいろと映画DVDをレンタルしてみました。

順番てきとー。

ファイナル・デットコースター
FINAL DESTINATION 3

一応ホラー映画です。
面白いよーって勧められて見たんだけど微妙・・・。
墜落すると予知した少女とその友人?が降りた搭乗予定の飛行機。
予想通り墜落し事故を免れた降りた人々は奇妙な死に方をしていく。
これ実際の話だったかドラマか知らないけど、それのジェットコースター版でした。


ウルトラヴァイオレット
ULTRA VIOLET

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のSFアクション。
21世紀末が舞台で設定が独特。ボディースーツや髪の毛の色、サングラスの色が変わったりしていくけどそこには触れず、そういう設定なんですよー。と無理やり実行してるような気がしました。
音楽のビデオクリップ見てるようで最初は楽しかった。
中盤までほとんどCG。フルCGの場面も多数あって、しかもそれがちょっと質が悪いw
疑問点を挙げれば限りないので省くけど結局何が言いたい映画なのか分かりませんでした。
きっとウルトラヴァイオレットの世界を映像化してみたかったんだろう・・・。うん、そうだな。


サウンド・オブ・サンダー
A SOUND OF THUNDER

近未来SFアクション?
タイムトラベルで過去に行って恐竜ハンティング。
でも過去には何も置いてきてはいけないし、何も持ち帰ってはいけない。
そんな事をしてしまうと現在が変化してしまう。
んで結局変化してしまうんだけど、その変化の仕方にすごく疑問が。。。
なぜか段階的に変化。
しかも時間の波とか来て変化。
さらに現在は保持されながら過去からの干渉を受けるというなんとも不思議な設定。
おもしろくないこともない(´ω`)


エレクトラ
ELEKTRA

これまたSFアクション。
ボブサップ出てきて笑った。弱かった。


スーパーマン リターンズ
SURPERMAN RETURNS

これまたSFアクション。
スーパーマンが地球から消えて5年。
彼は故郷のクリプトン星の残骸が発見されたと聞き旅立ったが見つからずまた戻ってきた。
北極にあるスーパーマンの家からクリスタルを強奪され、それを悪用する悪の一味を懲らしめる。
そんな映画。
なかなか面白かったです。
瀕死のスーパーマンはトレードマークのおでこの上のクルンと巻いた髪の毛がふにゃふにゃ~。
復活したらクルン♪


タイヨウのうた
A Song to the Sun

途中で飽きた。
最後まで見てない。


嫌われ松子の一生
Memories of Matsuko

シリアスなファンタジー???
これはいいね!!!
ストーリーはどうでもいいけど作り方がすごく好き!!
襖の絵が季節によって違ったり動いてたり細かいとこも、
自然と音楽が入ってきて、それがすごい華やかだったり独特の雰囲気があったり。
その音楽と歌のキャスティングもすごいね!
これはいいよ!中島哲也監督の次の映画はなんだろな~。期待高!
サッポロ生 黒ラベル「温泉卓球」篇も中島監督が加わってるんだね。
なるほど、雰囲気似てる!


カーズ
Cars

ディズニーとピクサーのフルCGアニメ。
去年、森美術館に行ったときにピクサー展で見てたので少し気になってました。
自信過剰で自分勝手な主人公が田舎町で出会った仲間によって改心するディズニーらしい分かりやすいストーリー。
シューマッハがこっそり出演してる。声も本人w


ブレイブストーリー
BRAVE STORY

ファンタジーアニメ。
バラバラになってしまった家族を取り戻すためにファンタジーの世界へ入り込み冒険をしていく主人公を描いた宮部みゆきの小説を映画化。
ストーリーはもちろんの事、アニメ部分もなかなか好きだった。
声優をやってる松たか子やウェンツ瑛士は良かったが、大泉洋は聞きなれるまで違和感が・・・。



あとまだ見てないのがいくつか。
ドーン・オブ・ザ・デッド、16ブロック、ザ・センチネル。

いつか見よう!





最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。