--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-20(Fri)

ブラッド・ダイヤモンド観てきました

久しぶりの映画!
ブラッド・ダイヤモンド観てきましたヽ(´ー`)ノ

公開日の7日(土)ですが・・・





あらすじ(goo映画より)


アフリカ・シエラレオネ共和国。反政府軍組織RUFに捕まり闇ダイヤの採掘場で強制労働を強いられていたソロモンは、作業中に大粒のピンクダイヤを発見。再び家族と暮らすために危険を承知でそれを隠すが、直後に政府軍によって捕らえられてしまう。一方、刑務所で巨大なピンクダイヤの話を耳にしたダイヤ密売人のアーチャーは、その在り処を聞き出すために、同じ刑務所に収監されていたソロモンを釈放させよう画策し…。





映画館に到着すると人がいっぱい('д')
いくら土曜だからといっても朝9時にこんなに人がいるとは!とびっくりしましたが、どうやらその次の日に大帝の剣の舞台あいさつを阿部寛がするのでそのチケットを買いに来た人が多かったみたいです。

おかげで上映開始の5分前になんとか入れました。
ネット予約とかしてくれればいいのに~。


感想。感想。

どうせこの二人は恋人になるんだろうな~って思ってたら案の定でした。
でも、あんな中途半端な描写から恋に発展していったのが不思議。
あんなところで、あんな感情になるとはとても思えませんでした。

あと、知らない人から聞いた話をあそこまで信じて、私利私欲のために命をかけるあの根性。無茶です。

なん他には、翻訳が変なのが気になって気になって。。。
丁寧なのかも知れないけど"shit"を「失敗した!」とまでしなくてもいいような!
後、いくつか気になるところがあったような気がするけど忘れちゃいました(>▽<)


面白くない事はないけど関心が少しズレて素直に楽しめませんでした~。

スポンサーサイト
2007-04-16(Mon)

映画DVDちょっとレンタル

いろいろと映画DVDをレンタルしてみました。

順番てきとー。


地下鉄(メトロ)に乗って
ジャンルはヒューマンらしい。
絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日、小さな衣料品会社の営業マン・長谷部真次は、いつものようにスーツケースを転がしながら地下鉄で移動していた。そこに突然、亡き兄が姿を現す。兄の背中を追って地下通路を抜けると、そこは昭和39年の東京だった。ほどなくして真次は無事現在に戻ってくるが、後日、今度は恋人の軽部みち子も一緒に昭和21年に遡り、闇市でしたたかに生きる若き日の父・小沼佐吉に出会う。
某ミドさんオススメ映画。やーーーっと借りることが出来ました♪
「地下鉄に乗って」というよりは「地下鉄駅の階段を上がったら」て感じでしたー。
なんというか~中途半端なタイムスリップをしておりました。
タイムスリップ自体は地下鉄と関係ないような・・・。むしろ夢の世界がタイムスリップした現実なのかな。
そう考えると急に意識を失う危ない状態ですが。
お話は真次が過去に行ってしまったから、ついでに起こってしまった悪い事を無くしてしまおうということ・・・でいいよね?
そうしてると何故かみち子まで一緒にタイムスリップしてました。
いろいろあって衝撃的なラスト。
現実ではどうなったのか気になるけど、まぁいいや~(´Д`)


氷の微笑
Basic Instinct


エロティック・サスペンス(*´Д`*)
元ロックスターのナイトクラブ経営者がアイスピックで刺され、ベッド上で殺害された事件を捜査していたサンフランシスコ市警察の刑事ニックと相棒のガスは、被害者の恋人で美人女性作家のキャサリンを尋問する。
氷の微笑2てのが新作コーナーに置いてあり、それ見るにあたりまずは1からってことで見てみました。
はじめて見ました~。エロいね(´∀`)
それで面白いね!!
Wikiによると、シャロン・ストーンの大胆な演技も話題となり、全世界で大ヒット。だそうで、とっても面白かった~。
誰が犯人なのか!あの人だろうなー。あれ?違うの??おっ!?なんていろいろな想像を巡らせてくれて、それでいて分かりやすい内容。


氷の微笑2
Basic Instinct 2


エロティック・サスペンス('~')
自らの軌跡をミステリーのかたちで表現する女性作家キャサリン・トラメル。
明断な頭脳と類まれなる美貌と肢体の持ち主にして、危険に耽溺する女性。快楽のためにはどんなインモラルな行為も辞さない女豹。
自動車事故で同乗の男を死に追いやった行為によって、彼女は精神科医マイケル・グラスの鑑定を受けることになるが、このことがグラスの理想的な日々を大きく変えることになる。

箱に18禁てシールが貼ってある('Д')なんで他のみたいにR-18シールじゃないんだ(笑)
1にはR指定ないのかな?書いてなかったような。。。
1の方が確実にエロイしグロイよー!そして1の方がずっと面白いよー!!!!
Wikiによると、(氷の微笑の)ヒットを受けて2006年に続編の『Basic Instinct 2』が全米を中心に公開されたが、ほとんど話題にはならず不人気に終わった。『Basic - 2』は第27回ゴールデンラズベリー賞にノミネートされ、最低作品賞を獲得している。
うん。最低作品。納得。



キル・ビル vol.2
Kill Bill: Vol.2

アクション映画。シリアスな感じ。
結婚式に乱入され、夫と妊娠中の娘を失い重傷を負った主人公の元殺し屋のザ・ブライドは結婚式に乱入してきた、ビルと4人の殺し屋に対して復讐を行いオーレン石井とヴァニータ・グリーンを倒す
残りの殺し屋のビルの実弟で、現在は酒場の用心棒として働いているバドと、ビルの現在の愛人であるエル・ドライヴァーを倒すため、まず手始めにバドが住んでいるテキサスの地へ行くのであった。

当初はVol.1とVol.2がひとつの映画になる予定だったが、上映時間が長すぎるということで結局は2本の作品になったらしいです。
が、Vol.1とは違う雰囲気でアクション要素は少なめ、シリアスな部分が多いです。それでいて1を見なきゃ2がぜんぜん分からないですね。
Vol.1とVol.2が1つの作品になってれば「なるほど~」とすんなり入ってきそうだけど、別になってるから「あれ~?こんなのなのか~。」って思いです。


2007-04-10(Tue)

ちょっと旅行へ

今日は神戸に行ってきましたヽ(´ー`)ノ

大英博物館ミイラと古代エジプト展を見てきました。
先日東京でやってたのと同じのです~。
でも東京は遠くて電車にずっと乗ってるとおしりが痛くなります(>_<)
なので今回の神戸での展示に行ってきました。

ミイラと古代エジプト展 パンフとファイル


最初に3D映像の映画を見ました。
ミイラをCTで撮影して内部まで見える映像になってました。

頭部を内部から見たり、骸骨に肉付けをして生前の仕事を復元したり‥‥、あ、これは骸骨のレプリカに粘土で手作業でやったとか書いてあったかな。
骨のすり減り具合なんかまで元の形を崩さずに調べることが出来るなんてすごいな~。

ただ、飛び出す映像で迫力あるはずの映画は、の後ろの方で見てたのであんまり迫力がなかったかなぁ('з')
スクリーンが視界の2割くらいしかなかったのがいけませんね('~')

んで次によくある出土品とか、もちろん本物のミイラや棺を見てたら、えっ!?もう終わり??ってくらいのボリュームで博物館を後にしました。。。


そのあとはすぐ近くの旧居留地(言いにくいよね)のレストランでシーフードハヤシライスを食べて、デザートにシフォンケーキのアイスクリーム添えとコーヒーを(^0^)
でもこのハヤシライス、バターたっぷーり!
旧居留地のレストランのシーフードハヤシライス


あ、そうそうここにはお土産屋さんがあるんだったね。
旧居留地のレストランのお土産の星砂糖



それから、とりあえず定番の中華街。
適当に写真をパシャパシャ。
中華街1 中華街2 中華街3 中華街4 中華街5 中華街6 中華街7 中華街8 中華街9 中華街10 中華街11

うーん異様な雰囲気だね!怪しいね!

友達に聞いた神戸フランツそれからとかいうケーキ屋さんでチーズケーキを買ってみました。
神戸フランツのチーズケーキとスイートポテト


‥‥‥‥‥。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。

(´・ω・`)

上を見上げるとそごうで日本の職人芸展とかいう物産展ぽいのをやってるっていう垂れ幕を見つけたので行ってみたけどお客さん少なくて、ブース(?)も少なくてしょんぼり。

また他のお菓子を買ったりして帰りました。

ミオールのフロマージュとショコラ


新幹線1 新幹線2


なんだこの楽しくなさそうな日記は!!!!

続きを読む

2007-04-06(Fri)

映画のDVDでいろいろ

いろいろと映画DVDをレンタルしてみました。

順番てきとー。

トンマッコルへようこそ
웰컴투 동막골
Welcome to Dongmakgol


戦争映画のヒューマン・エンタテインメント。
戦争が起こっている事を知らずに暮らす山奥の平和な村トンマッコルの人々。その村、トンマッコルへやってきた敵対する兵と村の人々にやがて交流が生まれ皆でなかよくなりました♪
ほのぼの映画だと思ってたけど撃ち合いしているシーンなどけっこうグロいのね。
でもそれはそれで、ほのぼのとした場面はホントに綺麗で映像の撮り方なんかも好きでした。
それに合わせて久石譲の音楽。とってもいい!でもどっかで聞いたような曲!(´Д`)
音響効果もかなーりいい!前から後ろへ戦闘機が飛んでいくのや、水が流れる音とかいいね!
それに爆弾でポップコーンが舞うところや、雨の中で遊ぶシン・ハギュンとかよかったー(*´Д`*)夜にミニ気球?が舞うのも綺麗だったー。
いのししのシーンは面白かったしこの映画はいいね!
その後は切なく悲しい運命に~。うー。戦争反対(⊃д⊂)


ナチョ・リブレ 覆面の神様 ←既に消滅w
Nacho Libre

ナチョ・リブレのうまい棒 ←レンタルしたらもらえたうまい棒と関係ないけどかっぱえびせんパルコ仕立て(いつのだ!)

コメディ映画。
主演はジャック・ブラック。ホリデイ The Holidayにも出てますね。
修道院で食事係を務めるドジな男ナチョは、孤児たちに美味しい食事をさせたい一心で、幼い頃から憧れていたルチャ・リブレの覆面レスラーになる。
むー!映像が綺麗じゃないなー。出てる人もどうなんだろうなぁ。。。あの相棒さんがさらに・・・・。
最初はそう思ってましたが、途中からナチョが孤児のためにがんばる姿を見てちょっといいかなーって思ってきた。
最後のほうのシーン、音楽が絶対にあってなかったところ、気になりました!


UDON

ハートフル・エンターテインメント・ムービーだそうです。
田舎暮らしに嫌気がさして出て行った香助。しかし、夢半ばで挫折し借金を背負って帰省した彼を待っていたのは、優しい姉、ガンコな親父、友人たち、そして温かい“うどん”だった…。
DTSって書いてあるのにDTSじゃなかったあああああ!(`_ゝ')
最初のほうはすんなり入っていけたんだけど、後に行くほど物語との距離を感じてしまうのは何だろう。
いやいや!ないない!と思わせるこの距離感はなんだろう。
雰囲気がなんか変だよ。
ユースケ演じる香助のせいで周りのみんなが大迷惑したってふうにしか見えませんでした


ただ、君を愛してる

純愛ムービーだそうです。
恋をしてはいけない運命にありながら、恋をしてしまった。それでも好きな人のために一途に想いを寄せる、切ないラブストーリー。
友達がうちに置いていった?ので見たんだけどなかなかいい映画!
宮崎あおいがいい(*´д`)最後のシーンの写真みてさらに(*´Д`*)
でも最後のあの写真の構図、、、変じゃない?w
よくレビューでも書いてあったけど、最後に流れる主題歌の大塚愛「恋愛写真」があんまり合ってない。宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」流しながら見てたらばっちり~。
「好きな人が好きな人を好きになりたい」っていうとても切ないフレーズがぐっときましたです。


キル・ビル vol.1 ←消えちゃったみたい
KILL BILL Vol.1

killbilljapanesemockup.jpg © 1996-2007 Harry Knowles.
アクション映画。
自分の結婚式の最中にかつて所属していた毒ヘビ暗殺団の襲撃を受け、夫やお腹の子を殺された復讐に立ち上がる女性のお話。
レンタル屋さんでふらーっとしてたら目にとまった。
テレビで見たけどもう一度見てみたいなーとレンタル。
テーマ曲BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITYが印象的で、部屋で大音量で見てました。きっと近所迷惑だろうなー。。。
迫力満点で見る惨殺シーンは、つい目を細めてしまうくらいスゴかったです。
それにしてもルーシー・リューよかった~。何してもいいなー(*´Д`*)かっこいーし綺麗だし、あのそばかすがかわいいし(*´Д`*)
あれ?この人って北村一輝?と調べてみると自分でタランティーノに出演交渉して出してもらったそうですー。


Mr.&Mrs.スミス
Mr. & Mrs. Smith


正体を知らないまま結婚した敵対する組織のプロの暗殺者同士の夫婦の争いと絆を描くラヴ・アクション。
映画館で見たけどもう一度見たくなったー。
なので感想はこっち

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。