--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-22(Sat)

花火大会へ 後半

o(*`ω´)o 後半ーーー!

うーんあれですね~。やっぱり日記ってのはすぐ書かなきゃね~。

1週間ほど経った薄れ行く記憶を掘り起こしましょうか。。

えっと前回は

席取りしていた場所へ戻ったのですが、そこには我々のレジャーシートはあるのでしょうか('Д')

で終わってたな、ふむふむ。



レジャーシートはあるのでしょうか('Д')って事でしたが、ちょっと風に煽られめくれていたけど、ほかには何事もなくそこにありました。

よそ様のシートの大惨事を目撃してから気にしてた鹿の糞大量ばら撒き事件も我々のレジャーシートには勃発しなかったようで一安心なのです



シートを敷いた頃。
お昼の風景

夕方。
夕方の風景

すっかり日が落ちて、もうしばらくすれば花火大会がはじまります
船で花火を見る人も多いので海には船がいっぱいです。


あと2時間。あと2時間。
何もせずにぼーっと待ってるのは結構長い。

そこで買出しへ

ゆっくりフラフラしながら込み合ってる屋台を適当に見てまわります。

そうだ!唐揚げを!って思っても、どこもあんまり美味しそうじゃない


すこし歩くとコロッケの屋台がありました。
おお?コロッケの屋台とは珍しいね(´∀`)

30人くらいの行列に並んでゲットしたコロッケ(写真なし)はとってもうまかった!
なにやらNHKの全国コロッケコンクールという調べても出てこないコンクールで何位かに入ったコロッケ屋さんらしくとってもうまい!

ついでに買った唐揚げもすごくうまい!しかも安い!言うことない!
唯一の困ったところは写真がなーい!


そんなこんなでブラブラしながら食べながら時間をつぶしてたらやっと花火大会はじまりはじまり~パチパチパチ


この花火大会は7部構成になっていて、各部が始まる前に説明がありました
でもなに言ってるかよくわからない

そんな感じで花火


写真は最後のつづきのところへ~。


花火大会が終わってから早めに退散っ!
交通手段が船なので、早く行かなきゃその日のうちに帰れるか~って事になるので、急いで船乗り場へ行ったけど人多すぎ

船に乗るのに1時間ちょっと待ってようやく乗れました。
それから電車・・・。それも1時間近く待ってやっと乗れました(;´ρ`)


続きを読む

スポンサーサイト
2009-08-14(Fri)

花火大会へ

(´∀`)今日は花火大会

いい花火を見るにはいい席をって事で昼前から席取りしてました。
と言ってもシートを敷いとくだけ

絶景ポイントは前日から乗り込んどかないと取れないのは分かってるけど、イイところ無いかな~?
お?あそこ開いてるねッツ

さて花火の時間までど~してようか~

(´△` 三 ´△`)きょろきょろ


あれすぐそこの、昼前からビール飲んでる団体さま、背中に立派な龍が描かれてるよアハハ

うん、ちょっと移動しようかって話になりまして少し移動してたらそこそこイイ席発見
早速移住です三( ´Д`)

さてさて無事に場所も確保出来まして、花火が上がるまで8時間ございます。


まずはお昼ご飯
ここは物価が観光地設定なので、値段を見ずに入るとマズイ牛丼2500円とかありえます(言いすぎ?)
少し歩いてるとお好み焼き屋さん発見どうやら旅館の中のお店みたいだけど、標準的な価格設定

20090814185818


うーん美味しい

時間がたっぷりだからゆっくりしときたいけど、なぜかこのお店、50畳くらいの大きな広間に8つしかテーブルが無く、収容数があからさまに悪すぎる。
たぶん旅館の広間を解放してお好み焼き屋をやってるみたい。でもテーブルの数が用意出来なかったのか??謎だ


さて、お腹もいっぱいになったことだし散策開始

ここには、人工的に整えられた小川が結構な距離流れてます。
そんな小川を見つけたので靴を脱いでチャプチャプ水遊び。

20090814185819


綺麗で冷たい水は気持ちイイちゃぷちゃぷ

1時間くらいチャプチャプしてもうちょっと登山
すると2ヶ所目のチャプチャプポイントを発見('◇')ゞ

そこでも1時間くらいちゃぷちゃぷ

またもや3ヶ所目でもちゃぷちゃぷ

約3時間のチャプチャプタイムを終えて花火までは3時間半あまり。

さらに土産屋が並ぶ参道やその裏をフラフラしながらかき氷を食べたり、唐揚げを食べたりジュースを飲んだりしつつ2時間前には席取りしていた場所へ戻ったのですが、そこには我々のレジャーシートはあるのでしょうか('Д')
後半へつづく
2009-08-02(Sun)

ちょっと旅行へ

九州の福岡へ行ってきました!

その日は大雨の心配がありましたが、行ったときにはちょうど晴れ
地面は濡れていて、またいつ雨が降るのかという事もあり(?)人が少なめでゆっくりできました。


新幹線で博多へ。そこから電車を乗り継いでやってきました大宰府

大宰府天満宮参道

大宰府天満宮への参道。天満宮側から写しております。


太宰府天満宮本殿

太宰府天満宮本殿。

本殿はそんなに大きくはないけども綺麗な装飾ですね。

そしてその周りには・・・


御神牛

手水舎の横の鹿鹿

麒麟麒麟

たーとるずついでに


麒麟の耳の辺りが赤く光っているように見えるのはきっと錯覚です。
後ろのほうのがちょうど入り込んだんだと思う。


そんな天満宮を横に、進んだ場所には遊園地発見!


だざいふ遊園地

遊園地・・・。

なにやら楽しげな音楽は聞こえましたが、それが逆に寂しくも聞こえました。
なんでしょうこの感じ。。。




ショックを隠しきれずやってきた今回の目的地はここ!

九州国立博物館

九州国立博物館
この写真4年前に撮影したやつです。今回うまく撮れなかった



続きを読む

2009-08-01(Sat)

サマーウォーズ観てきました

時をかける少女(2006)の細田守監督の新作サマーウォーズを観てきました~ヽ(´ー`)ノ


おおおおお!この感じ久しぶり(´∀`)♪

ん・・・前に映画のこと書いたのいつだろう。ずぅ~~と書いてなかったね!
調べてみたら去年の2月!うわわわぁ、スウィーニー・トッド観たときじゃないですか(;´ρ`)すごい前。
さらにもう1こ前のは2年前だし・・・。放置しすぎだね(´∀`)




サマーウォーズ

ゥ 2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS




あらすじ(goo映画より)


小磯健二は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんでいる理系オタクだ。健二はある日、憧れの夏希先輩からバイトを持ちかけられ、一緒に彼女の故郷まで旅行することになる。バイト内容は、「ご親戚」の前で彼女のフィアンセのフリをすること。しかし、仮想空間“OZ”のパスワードを解いてしまったことから、世界を揺るがすトラブルに巻き込まれてしまい…。




なんかさっぱりしすぎてるな・・。




あらすじ(公式サイトより)


高校2年の夏休み、天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、憧れの先輩、夏希にアルバイトを頼まれる。二人が辿りついた先は、長野にある彼女の田舎。そこにいたのは総勢27人の大家族。夏希の曾祖母・栄は、室町時代から続く戦国一家・陣内(じんのうち)家の当主であり、一族を束ねる大黒柱だ。
栄の誕生日を祝うために集った、個性豊かな「ご親戚」の面々。そこで健二は突然、夏希から「フィアンセのフリをして」と頼まれてしまう。

栄のためにと強引に頼み込まれ、数日間の滞在をすることになった健二。賑やかな親戚の面々に気圧されながら、必死に「フィアンセ」の大役を果たそうと奮闘するのだった。
そしてその夜、彼の携帯に謎の数字が連なったメールが届く。数学が得意な健二はその解読に夢中になるのだが…
翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、世界を混乱に陥れていたのだ。
「私たち一家でカタをつけるよ!」
栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々が、一致団結して世界の危機に立ち向かう!





おお!いい感じ!




最初にも書いたけど時をかける少女の時と同じ監督・脚本・キャラクターデザインということで期待は膨らみます

どきどき



【ミニネタばれありマス】



最初はこの映画に大きく関わるネット上の仮想空間OZのプロモーション映像から始まり。

OZでは強固なセキュリティが保障されており、ゲームやショッピング以外にも行政機関への関わり等、様々な事が可能となっており、現実さながら、もしくはそれ以上の事が可能になっています。
アカウントの取得率は携帯電話の保有代数と匹敵するらしく、ほぼすべての人、10億人がアカウントを持っています。

うんぬん。。

足早に説明されたけど、とどのつまり書類上の手続きや機械操作はその権限があればネット上のOZで出来るって事ですな
つまりこの映画の中だけでなくとも、現実とそんなに変わらないって事。

違うことといえばその機能すべてが一元管理されており、1つのアカウントで全ての事が出来るってこと。

その大規模なシステムをハッキングされたからさあ大変みんなで何とかしようって映画でした。



大まかなストーリーと設定は上のあらすじと合わせてそんな感じ。


未来的なネット世界と田舎の旧家。その相反する組み合わせが面白い。
それに人物の描写。動きがコミカルだったり、ありえないものが出てきたり笑える場面もたくさん
もちろん舞台が田舎なのでみんなネットの世界でどうとかじゃなく、現実世界でのつながりが重要。そんなメッセージもありました。



しっかしこの映画、突っ込みどころが多すぎる('д';)

なんで?どうして???
そんなのが沢山頭の中で渦巻いており素直にこの作品を楽しめませんでした。

なにこれ(;´ρ`)意味がわからん。ぜんぜん理解できない。。。。。。

しかしそこはアニメ!
それを言っちゃあ・・・って思うけど、時をかける少女のときに、スタッフの渡辺隆史さんが「ま~アニメですから・・。」みたいな事を言ってらっしゃいました(・0・;)

その何でもありを飲み込めれば楽しめます!きっと!

敵は強大で何でも出来ちゃうけど、みんなで力を合わせれば立ち向かえるんだ!

('з')でも何でも出来ちゃえばやっぱり反則とかだって出来ちゃうし。。。
だいたい賭けでアカウントとか('~')なにそれ・・・・・・。


うううう、どうしても何だかなぁという思いを捨てきれない


ごめんなさい。素直に満足だったとは言えない映画でした。



あと、この映画は完全に男の子目線ですね。

まず、学校で一番注目されている夏希先輩からフィアンセの役を頼まれるとか・・・
('д')ないない。
そして当たり前のように恋愛へ・・・いくのかな?
そのあたりはあんまり書かれていませんでしたがそんな感じでしょう(´∇`)

それから途中から出てくるマシンとても個人で無理なようなとてつもないものが!
そういうところはウケ狙いなんでしょうかね



また、どうしても時をかける少女と比較してしまいますが、ぜんぜん違う作品ですね。
それが主に主役の心情を表現しているのに対して、サマーウォーズはよりSFに主を置いたものでした。


そうそう!ぜんぜん違うとは書いたけど、同じところもありました。
ストーリーではなくアニメーションのほう。
人物に影がないんですよね。影なし技法というものらしいです。
最近のアニメにはほとんど影がついており、それによって奥行きが表現されるそうです。
それに対して影なし技法は常に絵を動かし続け、影がなくても立体的に見えるようにするため膨大な作画枚数が必要になるそうです。
それによって背景から人物が浮き上がって見えるそうです。

そんなことを思いながら観るとまた違った感じで見れますかね。

とにかく人物、キャラクターが沢山でてくる映画。
旧家の親戚一同の名前も全部は覚えられないほど登場しますが、それぞれがまた愉快な見た目のアバターを持っていてそれも楽しかったです。

観ていて楽しい映画でした。

うーんまとまってない(;´ρ`)
頭を切り替えてまた観にいこう・・・。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。