--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-10(Fri)

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 観てきました

気付くともう3月か

('Д')ア!
1月の終わりから映画館行ってなーい!
何か観よう!何でもいいさ!

そんな気持ちで映画館へと向かうビラさん

映画館へは無料のバスに乗ってぇ行くんだぁよ
むむむ?あと5分でバスが出るぞ!急げビラさん!

特に何を観るって決めてないから時間はどうでも良いけども、乗りたいバスが通り過ぎて見送るのはヤな気分

早歩き&ダッシュ&ダシュゥ

バスはバス停に到着しているけど、乗ってた人が降りはじめたところだ!まだ間に合うさの@100m

ここで会社からケータイに着信があるがダッシュは緩めない
しかしにこやかな声を出しながらゼェハァは気付かせない
しかしバスはまだ20m先だ
信号が赤だったような、渡ってる途中で赤になったような、、、記憶が消されたのかもしれない

バスにはギリギリ乗れた
電話の用件はメールで送ってくれと言った
ゼェハァは気付かせない

お疲れ気味なビラさんはバスのイスに座る!何としても座る!
あそこだ!あそこに決めた!
しゃきーん(;`ω´)σ 一直線!

あとから乗ったのに先に座れた
わたし悪い子です(´・ω・`)

あれ?ナルニア?
ああ!ナルニア!

映画館に到着するとあと15分でナルニアタイムだった
原作は知らないけれど大がかりに宣伝してるし少し気になるのだ
チケット売場の列に並び、チケットを我が物とするまでに要した時間10分
もう始まってしまいそう
しかし2時間20分ある映画を楽しむには飲み物‐ミニッツメイド100%オレンジ‐が不可欠なのである
いつもの様に氷なしで注文するとアルバイトくんが氷を入れてしまう
「氷いらないんですけどー」の声を出さなければ映画中盤で氷が溶けて薄くなったミニッツメイド100%オレンジを飲まなくてはならなくなるのである
危うくその難は乗り越えた

チケットと飲み物をゲットし入り口へと向かう

チケットの切り取り線は縦に入っている
前回、何かを観たときはここでチケットを横にして渡すと横にちぎられた
それに気付き再度ちぎるもぎりくん
そして半分の半券が2つ戻ってきた

そんなほろ苦い思い出を教訓として縦に渡す
それだけでは物足りないかも知れないので一度折って明確にちぎる方向が解るようにしてあげた
なんてやさしいビラさんでしょう
その甲斐あってキレイに切られたチケットの半券を手に入れ揚揚と指定のシートに着席


さあ上映時間1分前!
とても良い時間に着席

約10分間の予告を見てると11日から上映のイーオン・フラックスが気になった!
すっごい予告短っ!
テレビ版くらい短っ!
でもおもしろそう‥‥と思わせといて実は予告で全部見せ場を見せちゃった!
てやつでないかと少し不安


いやいやそろそろナルニア国物語の感想をば
始めのほうにも書いたけど原作は置いといて~というか知らないから関係ないやという感想です

narnia



あらすじ(goo映画情報より)


ドイツ軍の空爆が激化する第二次世界大戦下のロンドン。疎開児童が溢れる駅に、母に別れを告げるペベンシー家の4人の兄妹の姿があった。無邪気な末っ子のルーシーと、気丈に妹を励ます長女のスーザン。親に見捨てられたと感じて母親の抱擁を拒絶する次男のエドマンド。そして、長子として弟と妹を守る責任を負ったピーター。不安な面持ちの兄妹を乗せて、汽車は駅を離れた。

4人が預けられたのは田舎の古い屋敷。その広大な屋敷で、ルーシーは空き部屋のひとつに迷い込む。そこには荘厳な雰囲気を漂わせた衣装だんすがあり、その扉を開けて中に入ると突然ルーシーは真っ白な雪の森にいた。森の中には街灯がひとつ。ルーシーはそこで半神半獣のフォーン、タムナスさんと出逢う。ここは、ナルニア。もの言うふしぎな生きものたちと魔法が息づくこの神秘の世界では、実は人間こそが伝説上の存在だった。しばらく時間を共にしただけで、二人は友情を育む。だが、実はナルニアの住人たちは、この国に人間が侵入したら捕らえるよう、《白い魔女》に厳命されていたのだ。

白い魔女。それは、今から100年前にかつては楽園だったナルニアから春を奪い、恐怖が支配する永遠の冬に閉じ込めた征服者だ。自ら女王を名乗り、恐ろしい魔力でナルニアに君臨する彼女に、逆らう術はなかった。だが、無垢なルーシーの信頼を裏切ることが出来ず、タムナスさんは危険を覚悟でルーシーを元の世界に逃がすのだった。



↑ちょっと長めのあらすじ

えぇえ~とぉディズニーだなって感じの作りをひしひしと感じましたです
でもルーシーが戦争反対を唱えたにも関わらず、その話題は論議されることもなく曖昧な形で流されていった場面はどうかという印象が一番強かったです
そして意外なこじつけがあってもちろんハッピーエンド
敵の軍団は魔法で消滅したんじゃないかと思わせるくらいの終了っぷり
雪の女王ご愛用の杖が派手に壊れちゃったシーンですら、その後なにもなかったかのような展開はあるいみ驚き

前半でゆっくりと時間を使いすぎて後半であわてて終わらせたような、、、そんな感じすらいたしました

でもティルダ・スウィントン演じる白い魔女イイネ!
ティルダ・スウィントンの独特の雰囲気
高慢な感じでわが道を行くという感じイイデス
名前の通り白っぽいメイクだったけど、もう少しパープルでインパクト出してもいいなと思ったりもしましたね

まぁ、そんな感じの・・・な感想でしたー

ナルニア国物語の感想を読みたかった方、こんなんでごめんなさい(´д`)

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

【へぇー】・・・
黒チョコボは実装されるんですか?ww

ここにもお邪魔します。
お久しぶりです!って覚えてるかな?w
LS-BSの頼りない垢だったUfhaさんですw
はーblogから来ましたよ

記事の内容に沿ってないコメントごめんなさい(´・ω・`)

>amu
いきなり何をw
黒チョコボは空も飛べるのかなー?

>Ufha
おーお久しぶりです。
赤いAF姿、覚えてますともw
また書き込みしてくださいな~。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。