--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-22(Mon)

ダ・ヴィンチ・コード観てきました

ダ・ヴィンチ・コード観てきました~。

【ネタバレなし】
でも視点が変わっちゃうかも('~')

去年のクリスマス過ぎに買った前売り券。
とても楽しみにダ・ヴィンチ・コード公開の5月20日を待っておりました。


あらすじ(goo映画情報より)


閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンの名前が含まれていた。殺人の容疑者として現場に連れて来られたラングドンだったが、館長の孫娘で暗号解読官のソフィーに助け出される。暗号の謎をときはじめるふたり。しかしそれは、歴史的真実を覆す謎解きのはじまりに過ぎなかった…。




ダ・ヴィンチ・コード



小説を先に読もうかな~と思いつつ読んでなかったので細かいところまで分かるかと少し不安がありましたが、分かりやすい説明が多かったので大丈夫でした(´ー`)

映像もなかなか好きでした。
しかし、古代の場面を再現している絵と現実を重ねてるのはリアリティーが無く少し興醒めかも。
観ていたい場面では説明が多く字幕に追われ忙しかった(;'д')
謎解きの部分はそれ自体は関心するけど、その謎を仕掛けた人の心理が理解できません。
あんた、そんな暇だったんですか(笑)事実をそのまま書けばいいじゃないか!と。。。
内容的には後半は詰め込みすぎたような感じでございました。
他にもたくさん突っ込みたいところはありますが、内容に触れちゃうんで割愛。

あぁそう、少しキリスト教の世界を知らないと「なにそれ?」になるんじゃないかと思う場面もありました。
といっても、コンスタンティンの話のように精神的なものでなく、イエスの伝説(と言ってもいいのか?)の触りくらい解ってればいいかなってもんでした。

と、分かったような事を書いておりますがダ・ヴィンチ・コードの核となる部分、
作中では世界が覆る事実というような表現をしてたような気がしますが、
私には「へぇ~」くらいにしか思えません('~';)
まぁ無宗教なので‥‥‥。
無宗教というより無神論かなー。
神様は宗教で観念を統一させるための象徴として置かれている存在だと思っております^^;
お!ダ・ヴィンチ・コードの内容とちょっと繋がった!w
あ、いや、こんなこと書くと酷評されてしまいそうです。

そんな感じで悪いとこばかり書いちゃいましたけど、雰囲気がすごくいいですね!
びっくりするような映像の作り方も好きです。
隣に座ってたおばさんは(゜д゜)ビクッ!って何度か椅子を揺らしてましたw
こういうの好きですw


ところでこの作品、フィクションだけど何かしら元となるものがあって書かれてるんだろか?
実際にあるものをいくつか使い、こじつけて話を持っていってるので事実だと誤認する人もいそうです('~')

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ダビンチはオイラも観たいと思ってました!ああゆう謎解き?な感じは好きですから。ま、どうせレンタルで観ることになるでしょうwしかしジャンレノ印象違うねw髭?ヒゲ?ひげのせい?

謎解きもあまり時間をかけずにだから、残念!
観客が一緒に謎を解いていく感じにはなってなかったねぇ。
期待しすぎたのか、ちょっとガッカリでしたの(´・ω・`)

TVやらで前宣伝な番組多し。
なんかクリムゾン・リバーと被るような気がする。(゚_゚
チヨット興味があったんだが。

>amu
お肉の付き方が30kg分くらい違うんじゃないかと~

>おぽおぽ
そだねぇ 謎解きは勝手に進んでる感があったね
でもナショナルトレジャー程ではなかったw

>てけ
おもしろくないことは無いが・・・というくらいでした
ちょっと残念e-254

('∇')

原作のストーリー自体がまぁそのそんなに深くもないですから。
所詮はアメリカの娯楽作品という観点からみると
まぁまぁの出来栄えかな!
ヨーロッパいったことないひと文字で想像していたモノや光景を
ホンモノの映像でたどることができるのがポイントなのですよ♪(たぶん)

そだねーなかなかルーブルの中で撮影してるのって無いよね?
ニュースではどこどこで悪評とか、そんなのばかりだねー。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。