--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-12(Tue)

X-MEN:ファイナル ディシジョン観てきました

久しぶり、約1ヶ月ぶりに映画を見てきました。

X-MEN:ファイナル ディシジョンを観てきましたヽ(´ー`)ノ

ticket.jpg

先月、前売り券を3枚買ってたので、
それもあって必ず見なくっちゃ~という映画です(´ー`)



【ネタバレなし】追記部分にはネタバレあります。



X-MEN.jpg


あらすじ(goo映画情報より)


ミュータントを導くための学校エグゼビア・スクールの主催者、チャールズ・エグゼビアはグレイ家を訪ねる。両親は、一人娘ジーンが病気だと思い世間に隠していた。しかし、彼女は世界最高のミュータントパワーの持ち主のエグゼビアをはるかにしのぐ能力の持ち主だった。それから10年後。大企業ワージントン社の社長の息子、ウォーレンは、自分の背中に翼が生え始め、誰にも言えず悩んでいた。彼が自分の手で翼を切り落とし、手と体が血で染まっているのを父親に見られ、父親は息子がミュータントであると確信する。




うーん、このあらすじあんまりよろしくないなぁ。。。



イントロダクション(X-MEN:ファイナル ディシジョン公式ブログより


自分の最愛の息子ウォーレンがミュータントであることを知った父親は、全財産を注ぎこみ、ミュータントを人間に変える新薬“キュア”を開発。同時にこの“キュア”の、ミュータント・パワーを無効にさせるという弾薬カプセルの開発にも成功する。
この画期的な新薬の発明により、“キュア”を使えばミュータントは超能力を失うが普通の人間になれる。逆に超能力を失いたくなければ、“キュア”を使わずミュータントのままでいればいい。ミュータントたちはそれぞれの運命をも左右する究極の選択を迫られる。
そして、今は亡き人であるX-MENのメンバー、ジーンが意識を無くした状態で発見される。プロフェッサーXがジーンの意識をさぐると、もう一つの人格がジーンを支配していることを突き止める。ジーンの中に秘められていたパワーが目覚めようとしているのだ。もう一つの人格として蘇生したことから彼女自身の力により、X-MENのメンバー達に壊滅的なダメージを与える大事件が発生!この事件はX-MENの宿敵であり、人類打倒をめざすミュータントのテロリスト組織<ブラザーフッド>リーダーであるマグニートーも目撃し、ジーンの底知れぬパワーに魅せられたマグニートーは、彼女を陣営に引き込もうと策略を企てる。
かくして、史上最大の大ピンチに陥ったX-MENは、ブラザーフッド、別派の過激集団<オメガ・ミューティーズ>、そして人類との共存のための最終戦争に突入していく・・・。





ストーリー(goo映画情報より)


「ミュータントが生まれるのは病である」と天才科学者が主張して、ミュータントを人間に変えるという新薬「キュア」を開発する。「キュア」を使えば、ミュータントとしての超能力を失う。「人間になるか、ミュータントのままでいるか」という迫真の葛藤と究極の選択。そこに、ミュータントたちと人間たちの思惑も絡み、最終的な争いへと突き進むことになるのだった…。 世界を救うべく、自ら犠牲として濁流に飲み込まれていった、ジーン・グレイ。ウルヴァリンと、サイクロップスのジーンへの熱い想いは、彼女を蘇らせるのか。前2作で「不吉な予感」と言い続けてきたジーン。その「不吉な予感」とは…。




よっし!長くなっちゃったけどこれでいいな。うんうん。


1と2を見たのも随分と前の事なのでそれまでのストーリーをあんまり覚えていませんが、
ローガン(ウルヴァリン)は骨格が金属で出来てて、さらに怪我がすぐ治っちゃう便利な体質。
ストームは雲や風を操って嵐を起こしたり飛んだり雷を落としたりする人。
サイクロップスは目から自分でも制御できないような強力ビームを出すから制御用のサングラスをかけてる人。
マグニートーは金属なら何でも、血液の中の鉄分だって操るおじいちゃん。
ミスティークはマグニートーの下で働くどんな人にでも変身できるちょっとグロイ青い人。

そんなのくらいは覚えてます。

そして今回はファイナルディシジョン。
ファイナルって言うくらいだから最終話です。
どんな出来事が待ち構えているんでしょうか!!

前作では第一線で戦っていたウルヴァリンやストーム。
今回はどうやらランクアップ?年功序列?かな、指導する側になっているみたいです。
新しく入ったミュータントに教えているようだけどローガンはあんまりマジメじゃないね。

と思いきや、今回も第一線で戦う様子。
というか、教え子が活躍する場面があんまり無いんです(ノД`)

今回もいつものようにマグニートーが悪いことを考えて、
それを阻止すべくがんばるプロフェッサーのチャールズとX-MEN一味です。

しかしなんと言うか、設定がだんだんと変わってきているような気がします。
たぶん本来の設定はMARVELのFANCLUBサイトに書いてあるものだと思うんだけど、
今回は映画の公式サイトの設定になってます。
って、説明しつつMARVELのFANCLUBサイトを見てると
今回の登場人物、ジャガーノートがプロフェッサーの義理の兄弟!?
とか作中では分からない事とか分かったりします。
まぁ分かったとしても映画見てて何も感じないと思いますが・・・。


内容はというと、なかなかドキドキするちょっと怖かったりスリリングだったり、
迫力があったり~。と面白かったと思いますよ。

思わぬあの人があんなことになっちゃったり~。
あの人の素顔が見れたり~。
そしてまたあの人が大変なことになっちゃったり~。

こりゃびっくりです。
前作見て無くっても大体は分かると思います。たぶん。
さぁみなさま観てみましょう。
あ、スタッフロールも最後まで観ましょうね。何かあるかも(^-^)

【 ↓ この先ネタバレあります ↓ 】








んなーーー!なーーー!
プロフェッサーがバラバラに('Д')!!
粉々のけちょんけちょんになっちゃったよー!!

もう年だもんね。いくら車椅子に座ってるからって言っても映画は疲れちゃったよねぇ・・・。
だからこの際死んじゃってもう終わりにしたいよねぇ。
分かるよ。分かるよぉ。おじいちゃん。

って思ったら、何!?
なんなのこの最後は!!
粉々になったのになんで復活してんのよ!
しかも昔の愛人モイラまで出てきちゃったじゃないかYO!
モイラずっと前に死んだんじゃないのかーー!
なんだこれは(`Д´≡`Д´)??

むむ。これはもしやプロフェッサーの回想なのか。
次回作は若かりしプロフェッサーの物語なのか。
そして思念が強いおじいちゃんだから、精神体というかお化けみたいな存在になって天国から指令を( 'Д')σ ピピーって送ってX-MENを操ったりするのかな。
うーん。妄想は膨らむ一方です。

プロフェッサーの怪奇現象は置いといて、次はあれ。あの人。
背中に翼なんか生やしちゃってるウォーレン。
プロフィールにはエンジェルとか書いてあるけど、エンジェルって呼ばれてたっけな('Д')?
あらすじにも書いてあるけど大企業ワージントン社の社長の息子として出てきます。
ずっと翼が生えている事を嫌悪していた様子だけど、いざキュアが出来ると翼を失うのを拒否。
キュア接種第一号っていうのが怖かっただけ??
何で逃げちゃったんだろうね。意味が分かりません。
そしてマグニートーの下に付いたと思ったらX-MENの学園に。
なんだ?スパイにもぐりこんだのか!?!?
んで、終盤近くにパパを助けるために一瞬登場。

・・・・・('◇')分からん。


アメリカ政府のミュータント省の長官であるマッコイ。
こういう肉体派なだけの能力って大体が敵の方だと序盤で倒されるんだけどなぁ。
野獣の猿のように機敏に、スピーディに動き回れるという驚異の反射能力を持つ。
とか書いてあるけど、そのまんまゴリラだし。。。
でもマッコイのおっちゃん活躍したお!


それとずーっと最初から最後まで気になってたのが、
ストームを演じるハル・ベリーの髪型(笑)
あれは多分カツラだよなぁ~。
でもすごいふんわりしつつキレイなカットだよなぁ。
色使いもキレイだなー。
とか思っておりました^^;

プロフェッサーを演じるパトリック・スチュアートの顔のてかり。
もう還暦過ぎてんのにすごい若々しい顔だよね。
なんか画像処理して若く見せてるんだろか。スタートレックのときより若いような・・・。
20年前のシーンで、若っ!って思ったけど、現在のシーンでも若かった(笑)


んー、このくらいかな。
あとはサイクロップス、目からビームのお兄ちゃん。
ほとんど出てなかったね。粉々になったし。
もう降板なのかなぁ。。。。

次作に期待!














【 ↑ この上ネタバレあります ↑ 】

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

(´・ω・`)

ミュータント能力うちけしボウヤを、
あれだけじゃなくてもっと最終兵器的に
使うかと思ってたのにあのまま終わって
ちょっとがっかり!
v-16

('□')

言われてみればそうだ!
でも敵が全員普通の人間になってもあんまりおもしろくないかも(´・ω・`)

なんか、全体に微妙な空気が漂うよね?この映画。
確かにキュアボーイはもっと話の中心になっても・・。

私が映画中ずっと思ってたのは
「これってONE PIEACEと同じだね。(特殊能力を一つ持つ)」
「この人らが喧嘩したら誰が一番強いのかね?」
ってこと。

大体、モイラ?(コントロール不能になると周りが荒れる赤毛の彼女)も強いのかと思ったら、ウルウ゛ァリンに普通に殺されてたしw

強そうな人が弱かったり、またその逆があったり。
誰が一番強いのか!っていう主点ではなくて、誰を残したら一番おもしろいのか~?という構想が空回りしてるような気がしましたです(・_・;)

ストーリーとしては微妙だけど、SFとしては面白かったような~。。。どうだろう?w
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。