--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-25(Thu)

マリー・アントワネット観てきました

年末くらいに観たい映画として挙げてたマリー・アントワネット観てきましたヽ(´ー`)ノ

Marie Antoinette

あらすじ(goo映画情報より)


オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。




【ネタバレあります】

やっぱり注目はヴェルサイユ宮殿!
それと豪華な衣裳!

宮殿の金の装飾は本物を使ってるだけあって何だか年代の経ったような色合い。
でもそれがまたいいですね(*´д`)
もしや当時からあんな感じの色合いだったんだろうか?
豪華な建築いいなぁ(*´¬`)

あと衣裳!
マリー本人のは思ったより少なかったけど周りの人々の感じとかイイね(^∇^)!
生地を選んで飾りを付けて~とか雰囲気大好きです。
髪型は何だかちょっと‥‥。
過剰な期待を持ちすぎましたか('~')

途中に出てくるケーキなどのお菓子。
これも当時のものを再現したらしいですね。
ただそんなに長くは映らなかっただけあってそんなに長く映すような装飾は少なかった様に思います(>_<)

ストーリーは言われているほど?思っていたほど酷くなくて若いマリーの苦しみを描いたようなものでした。
でも、何というか、後付けの様なストーリーだったなぁ。

ところどころ気になったんだけど、画の撮り方が変なところあったです。
宮殿内で壁にもたれかかる所とかすごく近くから撮ってました。
あの部分だけセットだったのかな~。

映画館の中には派手なオバさま多かった。
なんでオバさま達は変なとこで笑うんだ('д')

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。