--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-25(Fri)

パイレーツ・オブ・カリビアン観てきました

5月25日の公開日。最初の回に行こう~
という前日の決心は大雨によって揺らいでおりました(´~`)どうしよう。

当日。なんとか気力が立ち消えずに映画館に到着しました~。

(;'Д')まだドアが開いてな~い!

どうやら自動ドアがまだ開く時間じゃないらしく女子高生らしき1人がドアの前で待ってました。
横で待つことに。。。
10分くらい待ってるとやっとオープン。その頃には6人だったかな、それくらいになってました。

ほぼ真ん中の指定席が取れたヽ(´ー`)ノわ~い

それから映画が始まるまで30分。音楽聴きつつケータイいじって待ってました。

劇場に入ってシートに座ると隣はさっき見た一番乗りしてた女子高生らしき人だ('Д')
それからいつもの某発泡酒の髪型変だよCMや全く共感できない某パソコンのVAI○のCM、それから劇画風?の海賊版撲滅キャンペーンのやつとか。
ハリーポッターと不死鳥の騎士団の予告ではハリーがもうぜんぜんかわいくないっ!
ダイ・ハード4.0?なんで4.0やねん!流行ってるのか○.0
「登場人物の誰かが嘘をついています。」あーあるある(´д`)ぜんぜん魅力ない「ラスト7分11秒あなたは絶対騙される」('~')そりゃたいへんだ。


はぁ。
まだかな~まだ始まらないかな~(・ω・)


お、始まる


('─')・・・・・・・・・30秒くらい真っ暗・・・・・・・・

ん?なに!?なにごと?って思ってたら今度こそ!やっと始まった~


やっと映画感想!
の前に一言。
エンドロールの後も見よう(´ー`)b
出来れば前作を見てから行こう(つд・)b

ちょっぴり【ネタバレ】あるかも?



パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 観てきましたヽ(´ー`)ノ

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド



あらすじ(goo映画より)


ついに海賊の時代は、終わりを告げようとしていた。世界制覇をもくろむ東インド貿易会社のベケット卿は、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、彼と最強のフライング・ダッチマン号を操り、海賊達を次々と葬っていく。いまや海賊達が生き残る道はただ一つ。9人の“伝説の海賊”を召集し、世界中の海賊達を蜂起させ一大決戦を挑むのみだった。だが、鍵を握る9人目の人物こそ、ジャック・スパロウ、その人だった……。





うわっ!最初っから処刑!?
ディズニーなのにいいのか(⊃д⊂)さっきシンデレラ城に花火を見たんだぞ!!?

でもこのシーンだけでもすごい数の人使ってそうで金掛かってるなーとその辺に注目しちゃいましたw

次の場面からいきなし1や2を観てないと理解出来ないような事に!

あれ?2ではどうなってジャック死んだんだっけな?
エリザベスの裏切り?ああ2の最後のとこでジャックは船に繋がれちゃってみんなの身代わりになって死んだんだったな。
ブラックパール号?パール号?別物!?いや、ブラックパールって言ってるのに字幕がパール号になってるよ!
ダッチマン号ってのは幽霊船かぁ。
ん?この人は・・・誰?

とか思い出しつつ観てました(´~`)もちょい分かりやすくしておくれよ~。だからキャラクター相関図付きの「もう一度観たくなる」読本なるものがあるのね。
でもやっぱ前作での事とか説明が入ってた方がよかったです。
この映画を観てる人がみんな前作を覚えてて、ってな作りはどうかと

エリザベスのパパのスワン総督。そんな人の微妙な立場とか覚えてないし!!

さらに各人物の態度が急に変わったりして、これは仲間を助けるための演技なのか本音を言ってるのか!?戸惑わされるところがすごく多かったです。

そんな分かりにくいところが多々ありつつも170分の長い時間がいつの間にか過ぎててそこそこ楽しめましたヽ(´ー`)ノ


続きは【ネタバレあり】

ええーっと、最初にジャック・スパロウが出てくるシーンは何だったんだろう~。
滝のようなところを
死の世界のどんよりしたものではなくて〝海の墓場〟という監獄の世界を表現したかったのか。
死んじゃうと生き返らせるの大変だけど、囚われの身だと救い出せばいいだけだからかな。
でも何故にカニなんだろう('~')何か意味があるのかな?

それでその世界から脱出するのに上下逆さに~ってなんだそりゃ
逆さになって海水がざばーーーんっての何か納得出来ないものがある!

言葉だけで処理される前作のキャラがいるかと思えば逆に新しく海賊達がたくさん出てきたり、さらによくわかんなくなる~('~')
しかも海賊達はあんまり役にたってなかったような

カリプソがティア・ダルマに閉じ込められたというのも、閉じ込められたなら出てくればいいのに何か納得できない!
巨大化してばらばらにって

そんな感じでキャラが分からなかったり世界観が分からなかったりでモヤモヤ~と・・・。

最後、ウィルが死んじゃったのに子供作ってハッピーエンド風なのがさらにモヤモヤ~

でも意味分からないながらも観てて面白かったです。

ただ珍しくディズニーっぽくなかった映画でした。

テーマ : パイレーツ・オブ・カリビアン
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

作ったのがディズニーだから関係ないとは思うけど
かに座は中国の二十八宿では「鬼宿」に当たり
積尸気(せきしき、ししき)と呼ばれる星を内包しているそうだよ。
積尸気は死体から魂魄の魄(キリスト教でいう精神)が集まっていると言われるもの。
星闘士星矢でかに座の黄金星闘士が積尸気冥界波なんてのを使っていたなぁ、と思い出す。

なるほど~!よくそんなこと知ってるね!
チョウ・ユンファが中国の海賊王だし関係あるかもね。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。