--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-03-22(Tue)

ナショナル・トレジャー観て来ました

ナショナル・トレジャー


◆ストーリー(goo映画情報より

 1832年・ワシントン-合衆国独立宣言書に署名した最後の生存者であるチャールズ・キャロルが、トーマス・ゲイツ少年の操る馬車でホワイト・ハウスに到着した。瀕死状態のキャロルは大統領に面会を求めるが、拒絶される。死の間際に、彼はトーマスに驚くべき秘密を語る。かつてのテンプル騎士団の秘宝が、その子孫といわれるフリーメイソン達によって保護され、そのメンバーの中にはベンジャミン・フランクリンやジョージ・ワシントンもいたというのだ。謎の言葉を残して、彼は絶命する。「秘密はシャーロットが握っている。」

 キャロルの死後、秘宝の謎はトーマス・ゲイツの子孫に引き継がれた。時は流れ2004年-歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)は、ゲイツ一族の夢を継承し、伝説の秘宝を追っていた。彼の相棒は、コンピューターに精通したライリー・プール(ジャスティン・バーサ)だ。類まれなる歴史的知識と行動力でベンはついに「シャーロット」の謎を解くとことに成功。それは、1779年にメイン州の港を出港したきり消息を絶った”シャーロット号”のことだったのだ。

 ひとつのヒントが、また次のヒントへとベンたちを導いていく。これほどまでに周到に謎を仕掛けたのは、果たして何者なのか?そして、伝説の秘宝は本当に存在するのか?数々の障害をかわしながら、ベン・ゲイツは一歩ずつ、歴史すら揺るがす衝撃の真実へと近づいていた・・・。




インディー・ジョーンズみたいに、ジャングルなどの辺境の奥地で財宝を探すのかと思ってたんですが、ちょっと違いました。
ほとんどがニューヨークを舞台としています。
その中であっちに行ったり、こっちに行ったりと、なかなか忙しい展開。
行く先々で何か謎解きがあるんですが、全部の謎をゲイツ氏(ニコラス・ケイジ)がスラスラーっと説いていきます。
そしてその予想の域を出ない謎解きが全部当たってます。(笑)
でもなかなかテンポ良く進んで面白かったです。

後半になると、インディー・ジョーンズぽい〝いかにも〟ってなところに舞台を移し、アクションシーンが多少ありハラハラドキドキの進行。
ただ、気になったのが、地下でのシーンがあるんですがその地下室のようなところの上に地下鉄が通っているらしく、電車が通ると振動が起きます。
しかし、その地下室の存在を誰も今まで知らなかったとも言ってます。
地下鉄路線を作るのに分からないはずないだろっ!と突っ込みをついつい入れつつ、ゲイツ氏のがんばりを見てました。

それと独立宣言書ってこんな風に保管されてるんだ~!
とちょっとびっくり。
いや、それはフィクションなの?本当なの?とよく分からないんですが^^;
見た目はこんな感じ(↓のURL)ですが、映画の設定では熱センサーとかもついてるとか言ってましたね。
http://www.pbs.org/wgbh/nova/charters/



ニコラス・ケイジの髪の毛増えてない?と友達が。。。
さてどうでしょう!?
みなさんしっかりと髪の毛に注目して映画をお楽しみくださいませ。

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

★「ナショナル・トレジャー」

公開初日のナイトショー(0:20~)で観てきました。さすがチネチッタ、この時間でも40~50人くらい入ってたよ。しかし、うっかりした事に、ポイント・スタンプを押してもらうの忘れてきちゃった。残念っ。ブラッカイマー+ニコラス・ケイジの合体技のお宝・ムービー。2004

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。