--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-17(Sat)

アリス・イン・ワンダーランド観てきました

4月17日の公開日。ちょっと寒かったけど晴れててよかった土曜日
その日に行こう~と前から決めてた映画、アリス・イン・ワンダーランド観てきましたヽ(´ー`)ノ


この映画、字幕版、吹き替え版、3D字幕版、3D吹き替え版の4つもあって上映スケジュールとか大変そう!
もちろん3Dで見ました


さてその3D版。
IMAXの映画館で見れば迫力がすごそうですけど、こちらにはその施設がありません

IMAXってスクリーンが近くてでっかくて包み込まれるようだよね!
ってことはIMAXじゃなくてもスクリーンに近寄ってしまえば包み込まれちゃう?!
前の席を取ればいいじゃないか('∇')

ということで前から3列目のど真ん中の席を予約しましたヽ(^o^)丿



Alice in Wonderland 


あらすじ(goo映画情報より)


『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップが、映画史上最も摩訶不思議な世界への扉を開く。ルイス・キャロルのあまりにも有名な小説「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」から誕生した永遠のヒロイン、アリスの“新たなる冒険”を、実写映像とモーション・キャプチャーの融合が可能にした魅惑の映像世界により映画化した、待望のファンタジー・プロジェクト。原作の有名なキャラクターが次々と登場するが、ティム・バートン版「アリス」の世界で、彼らは自由奔放に原作を凌駕する。(作品資料より)




(´・ω・`)ん?これあらすじじゃないよね。



あらすじ(Wikipediaより)


不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母親に勧められ富豪たちが集まる席で婚約を発表することになっていたが、彼女は自分にはまだ早すぎると半ば困惑していた。そんな時彼女の前に白ウサギが現れ、彼を追いかけ穴に落ちた彼女は再び不思議の世界へ飛び込むことになる。しかし、そこは赤の女王に支配された世界だった。




そうそうこれ!これがあらすじ('_υ')




ちょっと上映開始時間に遅れちゃったのですがまだ予告とかが流れてる時間だったのでよかったよかった。
少しすると3DのとWalt Disney のロゴが出てきました!

お!やっぱり前のほうだとより迫力が増して奥行きと飛び出したのが見える('∇')

というのはただの気持ちの問題かもしれませんね~。
他のを見たときと比べてみると言ってもそこまでは覚えていない・・・。
でもきっとたぶーんそーなんだと思うよ
ただ問題がやっぱりあるんだよね。画面を下から見上げるような感じになっちゃうので少し首が疲れるのです。
その分、シートの傾きとか見易いようにしてあるとは思うけど、ずっと上を見上げてるのは中程のシートよりは疲れるよねー。

次はどっちがいいのかな。





さて、映画の感想は続きに。




  【 ネタばれあります。 】















  【 ネタばれあります。 】




あらすじ(パンフレットより)


 19歳のアリスは、チョッキを着た白うさぎを追いかけているうちに、うさぎの穴からアンダーランドよ呼ばれる不思議の国(ワンダーランド)に迷い込んでしまう。この世界の奇妙な住人たちは、なぜか皆アリスを知っていた。実はこの国の年代記には、アリスという救世主が現れると予言されており、残忍な赤の女王の恐怖政治に苦しむ彼らにとって、アリスは残された唯一の希望だったのだ。かつてアンダーランドを統治していた美しく慈悲深い白の女王は、アリスの力を借りて玉座を奪回する日を心待ちにしていた。そして、誰よりもアリスを待ちわびているのが、赤の女王への復讐を誓うマッドハッターだった。
 アリスは、自分が6歳の頃にこの世界に来たことを忘れており、すべては夢の中の出来事だと思い込む。だが、この悪夢はいつまでも醒めず、、アリスはいつしか運命を賭けた戦いに巻き込まれていく。絶体絶命の窮地に陥る中、アリスが下した決断とは──?





なんだかこのあらすじがもうストーリーの全てじゃないのか(;´ρ`)
そんな訳でネタばれ部分に書きましたがそれを装飾したのと最後の所を付け足したのが本編です!みたいな?
『不思議の国のアリス』の続編『鏡の国のアリス』かと思ったらどうやら違うよう。
その二つを混ぜたようなお話みたいです。


始まって少しすると白兎が登場~!いよいよ不思議の国へ行くんだなって思ってたら、おやおや?
ウサギを追いかけて~、穴に落ちて~、扉がたくさんある部屋に行って~、薬を飲んだら小さくなって~・・・。

えっ?みんながしってるアリスと同じじゃないの?!ってちょっと戸惑いました。
だけどそれらのシーンは不思議の国の住人が13年前のアリスと同一人物かを確かめていたのですね。
でもアリスはすっかり忘れてて、夢の出来事だと思い込んでてその作戦は失敗。

うーん。リメイクじゃないんだから全然違う感じにして欲しかったねこの場面。

やっと小さなドアから外へ出られたアリス。13年前にアリスと冒険した面々が出迎えてくれます。
が、そこでも本物のアリスか、別人のアリスなのかわからない。

青い芋虫のアブソレムなら判るかも?!
アブソレムは「程遠い」と言いました。その言葉でみんながっかり。別のアリスなんだと思い込んじゃいました。

このアブソレム。
映画の冒頭で出てきた青い芋虫と関係があるのかな?
それが後で分かるのかなって思ってたけど分からず仕舞い。残念。
そうすると冒頭のシーンは意味が何もなかったんじゃないのか(´・ω・`)???

( '~')少し考えてみる。
あの虫が同一虫物だったとして、フィアンセの言うとおり殺さなかったから何かいいことあった?
・アリスの優しさを表現?
・気持ち悪い虫にも抵抗なく接する特徴ある性格を表現?
・フィアンセとアリスの考え方の違いの大きさを表現?
ん~。ただなんとなく登場しただけだね


そこへ敵の襲来!
みんな捕まったけどアリスだけはなんとか逃げ延びた。
途中で自由に姿を消せるチェシャ猫に出会いました。


ようやくここでチェシャ猫の登場
ディズニーのアニメ映画のチェシャ猫はピンクのしましまだったけど、今回はグレーに紺色の縞だったかな。
色は落ち着いて、性格もアニメ版より落ち着いてたような気がしました(笑)
アニメ版見たのはもうかなーーーーーーーり前なのでよく覚えてませんが(つ∀-)
でもそのチェシャ猫、すごくかわいい!適度に3Dで飛び出して面白かったです(´∇`)
毛のふさふさ感とかもうね、もふもふ顔を埋めたいくらいでした(´¬`)所詮映像なので無理ですが。
そのうちそういう事も可能な未来が来るのかな~。


チェシャ猫に案内された場所ではマッドハッターがお茶会をしてました。
このお茶会。アリスが来るのをずっと待ってやってたんだっけ?
確か原作では誕生日以外の364日を祝うイカレタ帽子屋っていう設定だったと思うけどアリスを待ってたのね?

さらにそこへも敵が!
やっぱりみんな捕まっちゃったけど、アリスだけはマッドハッターの機転で無事逃げることが出来ました。

もう夜。朝になるのを待って作戦を立てようとしていたのか分かりませんがアリス寝ちゃいました(笑)
そこへ赤の女王の手下からマッドハッターへと寝返った犬登場!!
この犬、なんで寝返ったのかよく分かりませんでしたがw

アリスは犬にみんなが赤の女王の城に捕まっていると聞き、責任を感じて助けに行きました。

この辺り、責任を感じるような感じが出てなかったし、アリスはまだ夢の中だと思ってたし、なんで助けに行ったのか。そんな疑問が残ります。

アムと名乗り、うまく赤の女王に取り入り潜入完了なアリス。

そこへ捕まっていたそっくり双子のトウィードルダムとトウィードルディーばアリスの正体をバラしちゃいそうだったけど何とかセーフ。

この双子、アニメ版にも出てたんですが全然記憶にありませんでした。
マッドハッターも全く覚えてなかったんですけど( ̄ー ̄)

赤の女王のお城でうまくやってみんなを救出。
一緒にでっかい白い獣も仲間にし、伝説の剣ヴォーパルソードも手にいれて脱出。

白の女王のお城へと行きました。
予言の書に書かれている通りに赤の女王のペット、ジャバウォックを倒さなきゃな雰囲気のアリス。

白の女王はアリスにやめてもいいのよと聞きますが決意を固め、ジャバウォックと戦うことに。

冒頭で自分のことを決められなかったアリスがここまで成長したんだ!っていう感じなんだと思いますけど、
これはもうやんなきゃいけないんだっていう状況を作り上げられたようにしか見えませんでした(;´ρ`)

吹っ切れたアリスは強かった!
アクションシーンはぎこちなかったけど、とても剣が軽そうに(推定500gくらい)見えたけど、ジャバウォックの舌をちょんぎり、最後には首を切り落とした!!

アリスの勝利!!
赤の女王も捕まって懲役刑に。。。

え、こういう場合ってなんだかんだでハッピーエンドじゃないんだ?
そういうのもありだろうけど、やっぱりディズニーだしなんだかんだで丸く収めて赤の女王改心、そしてハッピーエンドってのが定石じゃないの?
なんだか納得出来ずモヤモヤ~っと残りました。




まとめ。

・3Dの映像は奥行きを感じられて綺麗だった。けど3Dでなくても同じくらいの楽しみは感じられたと思う。
・登場人物、特にアリスと赤の女王の思いが非常に分かりづらかった。
 赤の女王はそんなに悪いやつだったのか?アリスはどういう心境の変化があったのか?
 そういうところをもっと細かく独り言で悩むシーンなどで表現してくれると分かりやすかったのではないか。
・大人になったアリスが再び不思議の国を訪れるという物語なのだから何か子供とは違うじゃないかという大人の考え方の表現があればよかった。13年後という設定があまり生かされていない。


特にその3点だと思います。

他に気になることとして、白の女王のそぶり。
女王なんだけど天然ぽい感じを演じているのか、誰かが見ているときはふわふわ~っとした動作。
犬がやってきたときだけ、その感じがなかったのはどういう意味????
そこに大きな疑問が残りました(´・ω・`)





なんだか悪いことばっかり書いちゃったから最後にオススメポイント。





エンディングの3Dはすごく良かった!
スクリーンに奥行きがすごく感じられ、さらに周りを囲む植物が飛び出しててあそこだけずっと見ていたいとも思わせるエンディングでした。
そういう感じを本編で長くやってくれてたら、そこばかり見ていたかもしれないくらい良かった!






テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

つまり…

エンディングまで、寝てていいのねw

予告編を観た感じじゃ、観に行く気にはならなかった…。

(´∀`)コメントありがと~

>組長
テレビじゃエンディングみられるかどうか分かんないからね~。
ぜひ映画館で!

ってヽ(`Д´)ノ違うでしょっ!!

予告見てすっっっごく見に行きたくなったのになーw

遅ればせながら・・・・w

アリス・イン・ワンダーランド・・・
私も3Dで観てきた~´▽`
けど、まぁ、自分のブログにも書いたけど、リフ的には、
ぇぅ~って感じでした(*ノノ

遅ればせながら(;´ρ`)

ぇぅ~(*ノノ
なんだかしっくりこなかったですね。
それじゃなくてもいろいろ気になるのに、気になることが多すぎた~;;
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。