--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-27(Sun)

塔の上のラプンツェル 観てきました

急にどこか出掛けよう!という話に。
楽しそうなイベントはないしどうしよう
そうだ!映画観に行こう!
ってことで『塔の上のラプンツェル』観てきましたヽ(´ー`)ノ


塔の上のラプンツェル




深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル(声:マンディ・ムーア)は、母親から「塔の外は“恐ろしい世界”だから決して出てはならない」と言われ続け、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間にも会ったことがない。しかし、好奇心旺盛なラプンツェルは、塔の外の世界を見たいといつも願っていた。黄金色に輝く驚くほど長い髪を持つ彼女は、その髪を自由自在に操り、ある時は高いものを取るロープ代わりに、またある時は母親が塔を上り下りするエレベーターとして使用していた。そんな彼女の楽しみは、毎年自分の誕生日に遠くの空に浮かぶ神秘的な“灯り”を見ること。その不思議な光に魅了されたラプンツェルは、成長するにつれ、その正体を確かめたい気持ちが高まっていった。18歳になる誕生日の前日、ラプンツェルはその思いを母親に伝えるが、いままで以上に厳しく険しい口調で塔の外に出ることを禁じられる。そんな時、お尋ね者の大泥棒フリン(ザカリー・レヴィ)が追手を逃れて塔に侵入、ラプンツェルは彼を“魔法の髪”を狙う悪人だと考え、長い髪を巧みに使って捕らえてしまう。そしてフリンが盗んだ王冠を取り上げ、交換条件として“灯り”の場所まで案内させることに……。初めて塔の外に出たラプンツェル。そこは、母が言うような恐ろしい世界ではなく、美しい自然にあふれ、街にはたくさんの人々が楽しそうに暮らしていた。フリンとふたりで旅を続け、いくつもの危機を乗り越えていくうちに、ラプンツェルの心に淡い恋が芽生えていく。だがその旅の先には、彼女自身の秘密を解き明かす、思いもよらぬ運命が待ち受けていた……。






急に観に行く事になったので期待してなかったんだけど、この映画すごくよかったー!また観に行きたいくらいよかったですよ

見終わってから声優しょこたんだったって思い出したくらい何も調べずに観たんだけど近年あるような下手っぴ俳優がやってるんでもないし違和感なくいい感じ。
悪役のマザー・ゴーテルの声は戸田恵子さんに似てたけど剣幸という宝塚出身の女優さんでした。
フリン・ライダーというキャラクターは上地雄輔に似てた。

ストーリーはディズニーらしく安心して観ていられる内容。原作のダークなドロドロ感はありませんw
細かいキャラの仕草や動作も面白かったりしてイイですね。
絵も良かった。背景がすごく綺麗。3Dで観たけど灯りが空を舞う様子が感動的でした。
音楽や歌もなかなかでした(´∀`)

これはオススメ作品ですヽ(^o^)丿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

(=ω=)

む…面白かったですか。
どうしようかと思ってましたが、
ビラさんが誉めるなら観に行ってみようかなw

問題は、いつまで上映してるか…だけど。

こめんとだんだんなのです

うん!映像はすごくよかったですi-184
ストーリーは感動には少し足りない感じだけどそれはそれでよかったですi-237
でもそれがあいばーさんの好みに合うかどうかはまた別の話であった・・・・。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

Birac

  • Author:Birac
  • よーこそ!
月別アーカイブ
ブロとも一覧

■ ブログ名:日々・徒然(仮)

■ ブログ名:ひすてりおの照り焼き紀行

■ ブログ名:Streaming

■ ブログ名:風に乗る猫

■ ブログ名:八転七起

■ ブログ名:猫とチビが行く

■ ブログ名:七葉雑記帳

■ ブログ名:プリンは縁(ENISHI)

■ ブログ名:天晶堂へ行こう(*´∀`)σ(´д`*)

■ ブログ名:Zodiary
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。